これは、米国保険情報協会(Insurance Information Institute)の“Handbook for Reporters”2003年版を当研究所が翻訳したものです。

 

ABCDEFGHIJKLMNOP|Q|RSTUVW|X|Y|Z|

Facultative Reinsurance(任意再保険)

再保険契約で、通常扱うものではないか、または大規模であるために保険会社の再保険特約(reinsurance treaty)でカバーされない個別のリスクに対するカバーを保険会社に提供するものをいう。例えば、ジャンボ・ジェット機やオイル・リグの保険などがある。再保険会社には任意再保険を引き受ける義務がなく、それぞれのリスクを個々に評価することができる。対照的に、特約再保険の下では、再保険会社はある種目の全クラス、例えば自動車保険における様々な種類の自動車全般について、保険契約の一定割合をあらかじめ定める上限まで引き受けることに同意している。

Fair Access to Insurance Requirements Plans/FAIR Plans(FAIRプラン)

自分自身ではコントロールできない高いリスクを抱えているために、任意市場では保険を購入できない人々に財物保険を販売する保険プールをいう。FAIRプランは28州とコロンビア特別区に存在し、火災、破壊行為、騒擾、および暴風による損害をカバーしている。賠償責任保険を含む住宅所有者保険(homeowners insurance)を販売するFAIRプランもある。プランの内容は州ごとに異なるが、いずれも、当該州で認可を受けた保険会社に対してプールへの参加と利益・損失の分担を義務付けている。
参照:Residual market

Farmowners-Ranchowners Insurance(農場・牧場所有者保険)

列挙された危険および賠償責任をカバーするパッケージ保険であり、通常、納屋、家畜小屋、その他の建造物とともに住宅、家財もカバーする。

Federal Funds(フェデラル・ファンド)

預金機関が、通常、オーバーナイトで他の預金機関に貸し付けを行なう準備金の残高をいう。また、フェデラル・ファンドには、預金機関同士での、または連邦機関からの一定のその他の借入も含まれる。

Federal Insurance Administration/FIA(連邦保険局)

国家洪水保険制度(National Flood Insurance Program)の運営を所管する連邦機関。なお、保険業界を監督するのは州政府であり、連邦保険局ではない。

Federal Reserve Board(連邦準備制度理事会)

銀行システムを監督する7人から成る理事会であり、銀行持ち株会社の管理や銀行業界に関する連邦法の施行に係る規則を発する。本理事会は、米国の金融システムおよび信用供給の管理・監督も行なう。

Fidelity Bond(身元保証)

証券で特定された人物の詐欺的行為によって契約者が被った損害に対する補償の一形態。身元保証は通常、従業員の不誠実行為に起因して企業が被った損害を補償する。
(訳注:日本においては「身元信用保険」である。)

Fiduciary Bond(受託者保証証券)

受託者の責務の履行を保証する一種の保証証券(surety bond)で、遺言執行者(executor)や受託者(trustee)などの一定の受託者に義務付けられるものをいう。検認保証証券(probate bond)とも呼ばれる。

Fiduciary Liability(受託者責任)

受託者が受益者の資産を保護する法律上の責任をいう。受託者、例えば年金基金の管理者は信託された投資を専ら受益者の利益のために運用する義務を負う。受託者賠償責任保険は誤った発言、誤解を招く発言、過誤、義務懈怠などの受託義務違反をカバーする。

File-and-Use States(保険料率届出後使用制の州)

保険会社は料率改定を保険監督局に届け出なければならないが、認可を待たずに改定を実施できる州をいう。

Financial Guarantee Insurance(金融保証保険)

特定された金融取引から生じた損害をカバーする保険であり、地方債などの債券に債務不履行が起きたとき、期限どおりの元本と利息の支払いを投資家に保証する。金融保証保険には、負債の信用格付けを引き上げる効果がある。資産担保証券(asset-backed securities)、ローンポートフォリオ担保証券(securities backed by loan portfolios)を販売する投資銀行は、市場性を高めるためにこの保険を利用する。
参照:Municipal bond insurance

Financial Responsibility Law(賠償資力法)

全ての自動車運転者に対して、事故に巻き込まれたときに、所定の最低金額まで損害を賠償できるという証明の提示を義務付ける州法をいう。法律の内容は州によって異なるが、当該最低金額の自動車賠償責任保険に加入していれば要件は満たされる。
参照:Compulsory auto insurance

Finite Risk Reinsurance(ファイナイト・リスク再保険)

契約上、再保険会社の最終的な責任額に上限が設けられ、また予想される投資収益が明示的にアンダーライティング要素として認識されている再保険契約をいう。この種のカバーは、法定会計原則の下での貸借対照表上の効果を改善するために購入されることが多いので、金融再保険(financial reinsurance)としても知られている。

Fire Insurance (火災保険)

火災および落雷に起因する財物の損害に対するカバーであり、通常、住宅所有者保険や企業総合保険の契約に含まれている。

First-Party Coverage(ファースト・パーティ・カバー)

保険契約者の所有財物またはその身体のための保険。ノーフォールト自動車保険においては、障害に係る費用が支払われる。最もカバー範囲が広いノーフォールト法の州においては、自動車保険の人身傷害補償(personal injury protection〔PIP〕)部分によって、医療費用、喪失所得、葬儀費用、そして受傷者が子供の養育などをできない場合には代替サービスの費用が支払われる。
参照:No-fault;Third-party coverage

529 Savings Plans(529貯蓄プラン)

家庭に大学進学費の貯蓄を促すように設計された、州が運営するプラン。内国歳入庁(Internal Revenue Service)の税コードの番号に因んで名づけられたこれらの貯蓄プランでは、連邦所得税が非課税扱いで所得を積み立てられ、また大学費用の支払いのためであれば無税で引き出せる場合がある。貯蓄タイプと授業料前払いタイプの2種類のプランがある。プラン資産の運用者は、州の財務官か、外部の投資会社かのいずれかである。ほとんどのプランは、投資対象として幅広い選択肢を提供している。

Fixed Annuity(定額年金)

定額の保険料の対価として、年金受給者に、保証された月次の定額給付を行なう年金をいう。この保証は、保険会社の投資の期待収益に基づくものである。
参照:Annuity

Floater(包括動産保険)

包括動産保険は、住宅所有者保険に付帯される保険であり、動かせる財物を対象とし、損害の発生場所を問わずにカバーする。包括動産保険でカバーされることが多い品目には、高価な宝石、楽器や毛皮がある。包括動産保険はこれらの品目につき、通常の住宅所有者保険よりも広い範囲のカバーを提供する。

Flood Insurance(洪水保険)

洪水損害に対するカバーは、国家洪水保険制度(National Flood Insurance Program)の下で連邦政府が提供するものであるが、その販売は免許を受けた保険代理店が行なう。洪水カバーは、住宅所有者保険および多くの企業保険には含まれない。しかし、自動車保険契約の包括車両部分は、洪水損害もカバーしている。
参照:Adverse selection

Forced Place Insurance(強制付保保険)

銀行などの債権者が、保険に加入していない債務者に代わって、家屋などの融資対象財物が損害を受けた場合の修復費用をカバーするために手配する保険をいう。

Foreign Insurance Company(州外保険会社)

保険会社が本拠を置く州以外の州で営業するとき、州外保険会社と呼ばれる。

401(K) Plan(401(K)プラン)

雇用主が提供する退職貯蓄プラン(retirement saving plan)で、従業員からの拠出金で積み立てられるもの。雇用主がマッチング拠出をする場合もある。連邦法は、従業員が毎年定められた限度額まで税引き前所得から投資することを認めている。

Fraud(詐欺)

保険契約者が保険金請求において、本来は支払われない保険金の支払いを得るために故意に虚偽を述べたり、事実を隠蔽すること。または、保険会社の管理職、従業員、代理店、ブローカーが金銭的な利得を目的として虚偽を述べたり不実表示を行なうことをいう。

Frequency(頻度)

ある損害が発生する件数。保険料算定の際に使用される尺度の1つ。

Fronting(フロンティング)

元受保険会社(primary insurer)が保険証券を発行することにより名目上の保険会社になるものの、手数料と引き替えに再保険会社にそのリスクを全て移転するという手続きのこと。フロンティング保険会社は、リスクが存在する州や国で保険を販売する免許を受けているが、再保険会社は認可を受けていないことが多い。この場合の再保険会社は、当該国で保険を直接に販売できないキャプティブまたは独立の保険会社であることが多い。

Futures(先物契約)

有価証券を定められた価格で将来の一定の日付に購入する契約をいう。先物契約は通常、商品、インデックスや金融先物を扱う。

page top

トップページ サイトポリシー お問い合わせ サイトマップ Copyright © SOMPO RESEARCH INSTITUTE Inc.